0: 2019年05月05日 09:39

フェイズシフト装甲の欠点である
・高い消費電力
・バッテリー切れによる装甲色の変化により
バッテリー切れが敵側に露呈してしまう

PS装甲の欠点をある程度克服したのに採用された機体が少ないのは何故なのか

CdVpY6bVIAA8QbK



1 : 2019-05-13 22:03:44

全部の装甲フェイズシフトしたらバッテリーやたら食うから一部にしただけでバッテリーを回復させる手段かそもそも動力無限化成功したら節約なんてもんはいらんくなるやろ



3 : 2019-05-13 22:06:59

そもそもフェイズシフト自体高価なものなので更にコスト掛けるより既存のものを省エネ化してった方が良かったのでは?



64 : 2019-05-13 22:34:32

>>3
低コスト化と効率化で言えばTPが一番効率いい
そのかわり全身PS装甲の機体と比べて防御力が落ちてる



4 : 2019-05-13 22:07:12

お高いから・・・(ボソッ)

結局最大の敵は予算なんだなぁ、って・・・



5 : 2019-05-13 22:09:36

ビームばっかりになったから陽電子リフレクターの方がよっぽど有能になったとか?



6 : 2019-05-13 22:10:04

ビーム主体の戦争になってTPである意味が無くなったから


8 : 2019-05-13 22:11:26

VPSがTPより優秀だったから



9 : 2019-05-13 22:11:29

コストじゃね?フェイズシフト装甲だけでも高コストなのに装甲の多重化なんてするから余計に割高になったとしか、あとはビーム兵器主流化で性能を活かし辛くなったとか



11 : 2019-05-13 22:12:00

バッテリーの容量が増えた分と陽電子リフレクターでいいのとビーム兵器の普及だろうね。実弾には強くともビームには意味無いし…



12 : 2019-05-13 22:12:05

バッテリーの容量アップや上位互換のヴァリアブルフェイズシフト装甲ができたからなあ



20 : 2019-05-13 22:16:54

>>12
設定的にはVPSよりもTPの方が上なんだけどなぁ



45 : 2019-05-13 22:27:50

>>20
設定的にはTPの方が下やぞ
というかTP装甲はVPSどころかPS装甲にに勝ってる部分が生産性と燃費だけで防御力に関してはTPよりもPSの方が上



15 : 2019-05-13 22:13:06

確か思った程安くならなかったからじゃなかったっけ?



18 : 2019-05-13 22:14:55

そもそも採用されてるのが少数配備程度の後期GAT-Xシリーズくらいだし、多分TP装甲自体コストがかさむから大量配備する量産機には採用されなかったんだろ。
ただディープフォビドゥンなんかは資料によってはTP装甲が採用されているか、採用されてないかで安定しないな。


21 : 2019-05-13 22:17:17

そもそもPS装甲自体がそんなに普及しなかった
普通にビームライフルでぶち抜けるわけだし

その上でVPSの登場が大きい
PS装甲の問題であったパワー消費を稼働の負担にならない範囲に細かく調整できるからわざわざ複雑な多重装甲にする必要が薄れた
且つバッテリー自体の性能向上やパワーエクステンダーもあって当時ほどエネルギー管理も厳しくなくなってる



22 : 2019-05-13 22:17:25

ビームが主流になったとか言ってる奴は的外れ
TPが使われなくなっただけでVPSは普通に使われてる

TPって結局のところPS装甲の欠点を誤魔化すための妥協でしかないからな
単純な防御力で言えば通常の装甲を使用しないPS装甲の方が上
ビーム兵器の効率やVPSの登場によって機体の燃費が大幅に改善したからTPみたいな妥協をする必要がなくなった



23 : 2019-05-13 22:17:28

整備性が劣悪
下のPS装甲、上の通常装甲、間の圧力センサーと確認項目が多過ぎる
全身採用なら装甲だけのチェックでも他の機体の倍はかかる
部分採用でも煩雑なのは変わらない



26 : 2019-05-13 22:20:03

二重装甲とか重くなるだけで効果が微妙だし



28 : 2019-05-13 22:20:54

PS装甲の更に外側にセンサー仕込んだ装甲被せて、被弾した瞬間にPS装甲をアクティブにするんだっけ
構造が複雑な分
・コスト高い
・整備が手間(維持コストが高いとも言える)
・動作不良が起こりやすくなる
くらいは思いつくけど…



36 : 2019-05-13 22:24:56

でもTP装甲ならビームコーティングとも併用出来そうだし全体にはともかく被弾したらヤバそうなところの一部にのみ適用なら効果的だと思うんだがなぁ



46 : 2019-05-13 22:29:16

>>36
局所防御ならシールドでいいからしゃーない



37 : 2019-05-13 22:25:25

ただえさえPS装甲が量産機とかには使われない程度に高コストなのに
その上にセンサー仕込んだ装甲被せるというまたコストかかりそうな構造
しかも不具合とかでセンサーが反応しなかった場合実弾が効いてしまう危険性アリ
そもそもセンサー仕込装甲がその内剥がれるんじゃないかってリスクもあり得そうで

パッと思いつくだけでも欠点が多すぎてバッテリー容量増やせたらそりゃ採用されなくなるよ



50 : 2019-05-13 22:29:56

防御なら陽電子リフレクターの方が優秀じゃんってなったんじゃね



51 : 2019-05-13 22:30:29

結局PSにしろTPSにしろVPSにしろ搭載機の方が少ないからな
あとPS系はコスト面もあるけど通常装甲より重いっていうのもあるしな



52 : 2019-05-13 22:30:36

TPは機体が重くなるとかあった気がする



82 : 2019-05-13 22:40:14

>>52
むしろ逆。重いPS装甲をコックピット周辺にしか使ってないから軽くなる



57 : 2019-05-13 22:32:31

バッテリーの強化やVPSやパワーエクステンダーなんかで通常の作戦期間中にPS装甲使えないエネルギー切れが起こりにくくなったからな
そうなったら高コスト&整備性劣悪なTP装甲を使ってまで省エネする意味が薄くなった



58 : 2019-05-13 22:32:32

大量の電力さえ確保できれば陽電子砲の直撃すら防げるから使い道がないわけではないけどね。
MS搭載規模は悪くないけど中途半端というかなんというか・・・



59 : 2019-05-13 22:32:35

連合がMSからMA主体へとシフトしていったのもあるんじゃないの
攻撃は陽電子リフレクターで防げるし圧倒的な火力でやられる前にやっちゃえばいいんだし
結果的に機動力に勝るMSに懐入られて失敗に終わったけど



63 : 2019-05-13 22:33:21

色変わらないからわからないだけで
しれっと搭載してる機体も実は少なくないのかもしれない
ジャンク屋絡みとか色々グレーな人達も多い世界だし



65 : 2019-05-13 22:34:41

PSもTPもVPSも実弾に強いけど装甲が堅くなるだけで衝撃は消えないから結局中身がおしゃかになるので費用対効果はあんまりないんだろう



81 : 2019-05-13 22:39:57

>>65
PS装甲ぶっ壊す物理兵器が出てくるので、より費用対効果が下がるという



72 : 2019-05-13 22:37:46

とりあえずPS装甲は全方位バリアでTP装甲はピンポイントバリア、VPS装甲は厚さを変えられる全方位バリアって認識でいい?



84 : 2019-05-13 22:41:00

>>72
概ねそれでOK



73 : 2019-05-13 22:37:49

TPS装甲が通常装甲→センサー→PS装甲と通常装甲の分だけ重い、PS装甲なら装甲を厚くしなくても一定以上の強度を保てるから軽量化に繋がるとかじゃない?
運命の頃ならバッテリー技術上がってるから早々パワーダウンもしないしビーム主体だから基本的には回避優先だろうし



77 : 2019-05-13 22:38:46

VPSが出来たしデュートリオン送電システムでエネルギーの回復も出来るからね
あとビームが主流でストライクダガーだっけかみたいにラミネート装甲の機体の方がビーム耐性はあるし



80 : 2019-05-13 22:39:42

既に幾つか挙がってるが
・量産機にもビーム兵器普及
・バッテリー容量の改善
・VPS装甲の開発
・通常装甲の被弾によるPS装甲展開という機構の問題(整備、動作不良)
辺りのデメリットがメリットを上回った、
みたいな判断がCE世界でもされたのでは?



97 : 2019-05-13 22:49:52

誤解が多いみたいなんで各装甲の特徴をまとめとくわ

PS装甲(全身PS装甲。常時起動)
・高コスト
・重い
・防御力が高い
・燃費が悪い

TP装甲(PS装甲を部分的に使用。センサーで起動)
・低コスト
・軽い
・防御力がPS装甲より低い
・燃費がいい
・整備性が悪いなんて設定は存在しない

VPS装甲(全身VPS装甲。常時起動)
・高コスト
・重い
・防御力が高い
・燃費がいい

あと、TP装甲は完全に廃れたわけではない
コストが低いのもあってフォビドゥン系水中用量産機には採用されてる



112 : 2019-05-13 22:59:19

>>97
TPがコックピットなどにしか使われてないって設定は量産機達にも有効な設定なんかね?
コックピットだけってのは使い捨てかつ強力な生体CPUだからってものだと思ってたが



113 : 2019-05-13 22:59:24

>>97
ディープフォビドゥンは深海での水圧に耐えるために採用してるので装甲目的での採用ではないんじゃ…



121 : 2019-05-13 23:06:46

TP装甲がコクピット周辺にしか使われてないってどこ情報?
今までずっとTP装甲はPS装甲と通常の装甲で二重になってるから重量が嵩む、整備性も悪い、コストも高いって認識だったんだけど。



142 : 2019-05-13 23:22:51

>>121
アストレイの小説。
ブルーフレームの修理の際にロウの発案でストライクルージュの余剰PS装甲をTP装甲として組み込んだ際に連合の後期Gシリーズにも同様の~って語られてる。

出典が他にもあるかまではちょっと把握しきれてない



147 : 2019-05-13 23:26:10

>>121
何かのムックにもそんなこと書いてあった記憶がある



131 : 2019-05-13 23:17:10

いっそVPS装甲でTSを作れば…!



135 : 2019-05-13 23:19:22

重要なのは燃費で、最低限のPS装甲展開でその分を稼働時間や火力に回せる

コストは変わらないどころか二重になるから重さも増えるし、実弾でも損傷するようになるからぶっちゃけ意味はない
そもそも種後半からどの陣営もビーム持つようになったから付ける意味が薄い
PS付けたいワンオフには核エンジン入れるから節電いらない

コクピット周りだけ使われるのはブルーフレーム2だけのはず
装甲を薄くしているからコクピット周辺のみに使っているという描写が小説他に存在する