0:2019年05月10日 07:04

聞いていくうちにだんだんと癖になる、そんな声だった
なんか、この娘には幸せになってほしいって気にさせてくれるキャラだったなソシエは。
最終話の前髪流した髪型の大人びたソシエも良かった。

e81ad295-0158-3db9-ad65-a044e4997d97



5 : 2019-06-06 16:16:02

ガンダムヒロインの中でも闘争心旺盛な武闘派

702d2441


8 : 2019-06-06 16:18:20

カプルのかわいいイメージはこの子の影響が大きい



12 : 2019-06-06 16:23:43

あちょー!



14 : 2019-06-06 16:24:45

1話ソシエ「⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン」
ワイ「は?この声優素人か?」
最終話ソシエ「わぁぁぁぁぁぁ!!」
ワイ「ワァァァァァァァァ!!(号泣)」

なぜなのか



46 : 2019-06-06 17:45:24

>>14
だって最初から素人声優じゃねえし……



16 : 2019-06-06 16:27:08

姉は育ち良さそうなのに妹は育ち悪そう



21 : 2019-06-06 16:38:29

父親は死亡
母親は精神をやられる
婚約者も死亡
姉はディアナの身替わりになるために去る
ロランにはフラれる

これがこの物語でのソシエの結末である



31 : 2019-06-06 17:18:45

>>21
劇中も
ロランがムーンレィスだったとか姉とディアナの入れ替わりを本人達から直接伝えられずに他の皆と知る等、近くに居るのに真実からは最も遠い存在に…



48 : 2019-06-06 17:47:09

>>31
まあ・・・ソシエの性格的に周りから相談とかされるタイプではまったくないからだろうな
何やらかすかわからない子、という初期からの問題を最後まで解決できなかった結果だと思う



23 : 2019-06-06 16:40:17

ロランにすぐ興味を持ったけどお転婆すぎて
ミリシャに入ったりお父様の敵討ちに燃えたりロランを振り回してたな
ディアナ様の苦労や入れ替わりを知って怒らず大人しくなっていったところは成長を感じた
カプルという愛らしいアクションをするMSに乗ってたのもポイント高い



25 : 2019-06-06 16:51:42

アニメ以外の媒体だと全てラストはロランとソシエだった。
やっぱり皆んなソシエを選んで欲しかったんだろうなぁ。

dacaa7b5


42 : 2019-06-06 17:40:44

>>25
ああいう子には報われて欲しいわな



103 : 2019-06-07 18:42:11

>>25
厳密に言えばソシエルートは小説二種だけだな
ボンボン版コミカライズはTV版同様ディアナと隠棲ルートだしマガジンZ版コミカライズではロランはほぼ生存確定ながら一応は行方不明のまま終わってるし



26 : 2019-06-06 16:57:15

ロランはソシエを子供みたいに扱ってたよな
使用人のくせにと言われてもスルーしてたし



93 : 2019-06-07 08:22:17

>>26
ロランはソシエに対して全くと言っていいほど恋愛感情無かったな
ソシエは最初からロランしか見てないのに
メシェーもそれを見てロラン鈍すぎと呆れてた



27 : 2019-06-06 17:01:18

バンシーよ!

物凄い速さだわ!!


撃たれた!!わああああああっ!!



51 : 2019-06-06 17:49:58

>>27
音声付きで脳内で再生されるw



74 : 2019-06-06 20:10:46

>>27
ハンマー見つけてウホホッとかもあったな



29 : 2019-06-06 17:05:35

ロランの執事属性を引き出したと思えば、ディアナは彼女に感謝するべきだろう



33 : 2019-06-06 17:29:13

声自体は本当に最後まで棒だったけど、おしゃまで多感な女の子の演技は本当にリアルで、それが強い印象を生んでいるのだと思う。
いつ見ても生意気そう&ロランに構って欲しそうでニヤニヤするわ



38 : 2019-06-06 17:33:18

>>33
思い切りが良いんだか悪いんだか...てな感じ



37 : 2019-06-06 17:33:16

ラストのエピローグでもソシエだけ徹底して1人なんだよね
誰とも会話が成立してない
車の中でロランに話し掛けて「え?」みたいな曖昧なリアクションもらうのと
別れのキス以外、人と関われてないんだよ

監督的に何か強い意味があるんだろうけど、それがなんだかよくわからない



95 : 2019-06-07 08:26:57

>>37
別れのキスのインパクトを強めるため
あとは「取り残された」感を高めるためか



39 : 2019-06-06 17:34:33

ソシエとの絡みはロランの母性しか感じんのう



41 : 2019-06-06 17:38:18

作中一番成長したキャラだと思う



44 : 2019-06-06 17:44:38

声優が「ら行」苦手だからリリ様居ると大変だった
らしいね。
アニメ声優としたら素人なんだけど舞台俳優だから
声は通ってたし素人臭いのとはまた別な下手さだから
不快感は無かったな。



49 : 2019-06-06 17:47:59

>>44
つっても直前に2クールレギュラーやってたけどね



47 : 2019-06-06 17:46:48

カプルの中に海水が入りそうで冷や冷やするよね



52 : 2019-06-06 17:52:07

>>47
∀ガンダム勢のコックピット全開でMS運用するのは見ててハラハラするわ
躓いてコケようものなら即死間違いないってのが



53 : 2019-06-06 17:52:14

生意気な所が苛つくんだけどそこも可愛いっていう



58 : 2019-06-06 18:03:00

好きすぎる。

等身大のヒロイン。

07c55ccd


66 : 2019-06-06 18:14:52

考えが常識的で理解できるから感情移入も簡単でよくできたキャラだ
裏切り者とロランを罵った時も、ずっと平和に暮らしてきたのに月の住人が介入してきたとたん父親は死んで母親は心が壊れ街は火の海
当然月を強烈に怨むし、関係ないロランにも感情が高ぶってしまうのも理解できる
ロランは関係ないのは頭では理解していたようで、次の回以降は(あまり)引きずってなかったし



68 : 2019-06-06 18:59:04

ド根性
不屈
幸運



72 : 2019-06-06 19:47:49

実はソシエの初期稿版がGレコのバララのモデルになったというね



75 : 2019-06-06 20:16:04

一応∀も乗ったし、最終話ではフラットにも乗ったから、何気に一番乗り換えが多かったキャラ?



77 : 2019-06-06 20:57:14

ソシエ・メシェコンビ好きだったな
前時代的で肩ひじ張ったディアナ・キエルのヒロイン像とは対照的
男は好きだけど男には媚びず頼らずって感じ



78 : 2019-06-06 21:05:42

【ソシエお嬢さんのウェディングドレス姿に僕の胸は痛んだ。が、恋心を自覚する間もなく僕は戦う。レット隊の人達がキエルお嬢様をディアナ様だと信じてしまったからだ。次回、ターンAガンダム『胸に抱えて』。風は小さな竜巻になる】
∀は結構本編外の次回予告だとかあらすじとかでロランの感情を説明してくるから
「そうなの!?」ってなることも多かった



88 : 2019-06-07 04:31:14

>>78
∀のあらすじって後のGレコに通じるものがあるよな



86 : 2019-06-07 00:09:06

ソシエはなんで姉とディアナ様の区別つかんの?
姉に興味ないの?嫌いなの?

91fcda1c


87 : 2019-06-07 02:54:21

>>86
二人の区別がつくのはド変態のハリーオード!



96 : 2019-06-07 08:31:16

>>87
視聴者には見分けつくように描いてるが本当にうりふたつという設定
ま、だからと言って記憶はコピれないし立ち振る舞いも似る保証はないが
そこはお互い頑張ってたんだろう

ハリーは「かなしみが違う」とか言う
わけ分からない見分け方をしてた変態さんなのでw



98 : 2019-06-07 08:47:57

昔はロラン戻ってきてあげないと可愛そうとか思ってたけど
初恋をむしろ大人になる自立心に昇華できたすごいいい例な気もする



99 : 2019-06-07 10:45:10

物語序盤は
ロラン「お嬢さん、声を聞かせてください!」
ソシエ(また使用人に助けられちゃった…)

って言ってたのが、最終決戦時には

ソシエ「ソレイユは墜落…ロラン、声を聞かせてよ!」
って感じで、ロランとの関係性が変わってきたのがわかる演出、イエスだね



100 : 2019-06-07 13:00:42

俺はソシエにはロランとくっついてほしかったからその点だけでも小説版が好き



101 : 2019-06-07 14:06:41

冷凍睡眠施設前でキエルから、父の墓前で嘆き悲しんでいたのはディアナだったと聞かされたときの「私よりも苦しいお想いしてたと知ったら怒れないじゃない!」と言ってカプルのコックピット内にうずくまるとこが好き。心境変化のきっかけとその伏線張り、というプロットが見事だった。