0:2019年06月24日 10:40

富野監督による初期構想をベースにしているため中盤以降の展開はTVシリーズとは大きく異なりハードな内容になっている福井晴敏氏による小説版ターンエーガンダムを語るスレ

1f58be8b8ed6bfeb0e053cb3a67c2f105b86605c



1 : 2019-06-28 16:05:45

作者はイデオンが好きだというのが嫌ほどわかる作品だった



2 : 2019-06-28 16:07:49

黒歴史の遺産としてしれっとTプラスやGUSOHを亡国のイージスから出演させるやつ



3 : 2019-06-28 16:09:03

御曹司のヤバさが笑えない方向にイッてしまった



4 : 2019-06-28 16:15:05

直接関係あるわけではないが、ソシエのハッピーエンドと引き換えにキエルがバッドエンドになったような印象



28 : 2019-06-28 20:05:00

>>4
キエルというか、ディアナやハリーにフランから、フィルやミハエル大佐までだいたい不幸になってるから(リリ様とか故人設定)
ソシエをハッピーエンドにするとそんな反動来るの…?とか思った読後



5 : 2019-06-28 16:27:08

ディアナの最期あたりは福井が黒富野をイメージして書いたような展開だと思った



6 : 2019-06-28 16:28:12

読み返すとエピローグの雰囲気にUCの原型が感じられるような



8 : 2019-06-28 16:39:03

>>6
カイラスギリーを防ぐためにバリア張ったり
ヒゲが意思を持つていて神コーンと同じとかあるな



7 : 2019-06-28 16:35:55

ロランのNTっぽい描写と、ソシエとのラストが好き
あと気配を察する、みたいな元から人が持ってる力が強くなったのがNTの力とか、ギンガナムとの戦闘での、冷凍睡眠で永遠に近い時間を生きられても充実感は得られないっていう流れには、なるほどなーって感心した



15 : 2019-06-28 17:17:18

NT100%コレクションにこれのベースになった富野監督による初期構想が数ページにわたって掲載されてるが実のところ福井氏はかなりこれに忠実に執筆してるんだなというのが分かって面白かったよ



19 : 2019-06-28 17:40:12

ディアナ「あなたはニュータイプ。だから人を愛しなさい」
このセリフ好き
あと最後ソシエと再会できた所も好き



21 : 2019-06-28 17:43:53

ハリーがトチ狂って最後は死ぬんだっけ
あと御大将の扱いがとてつもなく悪かったな



24 : 2019-06-28 18:45:15

富野監督から渡された初期プロットを元に書いてるから後半ストーリーがTVとは全然違うんだよな
富野オタからすると監督が当初描こうとしたターンAはこういう内容だったのかと知れて面白い



29 : 2019-06-28 20:10:25

町立図書館の一般向け小説の棚にこれの新書版がしれっとあって衝動借りしたな

これが人生で初めて読んだガンダム小説だったからかある程度のグロやゴア描写にも耐えられるようにはなった

……トラウマを植え付けられた、とも云えるが



31 : 2019-06-28 20:18:57

黒歴史開示シーンで、ギレンからマリアまで宇宙世紀キャラが出てきて懐かしくなる、けど
最後のほうで「ナノマシンの暴走で火星コロニー全滅」って話が出てきて、え?そんなガンダム作品あったか?ってだいたいの人はなる



44 : 2019-06-29 05:15:29

>>31
コレンが乗ってたMSイーゲルはこの火星で使われてたMSという設定でしたな。



32 : 2019-06-28 20:19:52

アニメから入ると、とりあえずギンガナムの扱いが適当で存在感薄いあたりに吹く



36 : 2019-06-28 20:44:48

ただでさえ∀の小説は色々あるのにこれはこれで版元・装幀の違うやつが複数出てるので
こんがらがる事もあるとか無いとか(自分が読んだのはハードカバー版)



37 : 2019-06-28 20:51:11

いつのまにか改題されてて、文庫化してるの気づかなかったよ



38 : 2019-06-28 20:55:29

クライマックスで嫉妬に狂ったハリーにより地球へ放たれたカイラス・ギリの一撃を
機体が悲鳴を上げてもフットペダルを踏み込み続け完全に受け切るロランと∀の描写は燃えた



41 : 2019-06-28 22:54:20

正直かなり好き。血みどろの展開からのラストの救われた感が素晴らしい



43 : 2019-06-28 23:53:38

ABC兵器を抱えた複葉機の特攻でズタボロになるソレイユとかいう狂った戦場
ディアナカウンターの食糧不足につけこんで、黒歴史製の爆薬毒薬満載の食料を流したり
終盤のミリシャの容赦なさがひどい。アズラエルでも引くレベル



45 : 2019-06-29 05:19:04

>>43
ディアナカウンターはディアナカウンターでロストマウンテンで手に入れた核兵器で無差別攻撃をするしどっちもえらいこっちゃな作品ですな。



47 : 2019-06-29 10:09:40

ガンダムらしからぬオシャンなタイトルと絵巻物風な表紙が好き



48 : 2019-06-29 10:17:29

ロランは激闘の果てに身も心もズタボロになって浮浪者みたいに世界を彷徨い続けて
周りは復興の歩みを進める中ソシエだけが「どこかでロランが泣いている気がする」って
新しい一歩を踏み出せないままずっと探し続けてたんだよね
そして出会いの場所であるレッドリバーで金魚流されて全てを失って泣いてるロランを見つけて
金魚を拾ってやって「生きている間くらい、笑ってなさいよ」で締め
金魚を捨てて別れるテレビ版との対比になるラストは割と好きだ



50 : 2019-06-29 16:38:02

ハードカバー?版がクッソめんどくさい形してた
内容は福井アレンジ版ターンエー
両方好きだったから面白かった



55 : 2019-07-01 10:29:12

ウィルがジョゼフの役を、テテスがポゥの役を兼任してたりとか細々差異はあるけど序盤は原作とほぼ同じ展開なので世界観の説明や各登場人物の心情だとかの描写はTV版の副読本として読むこともできる
テテスの過去やGUSOHの発掘、イデオンのオマージュ台詞なんかは福井氏の趣味が出てんなぁという感じはするがありえたかもしれないもうひとつのターンエーの物語として件のニュータイプ100%コレクションVol2掲載の初期構想と照らし合わせつつ読んでみると面白いと思う