0:2019年09月19日 22:48

有名どころでは1stの頭のないガンダムと頭しかないジオングとか

c6471837
d43b5803



1 : 2019-09-27 07:05:20

F90に乗った者同士で
「これぞガンダム、悪魔の力よ!」
と言ったボッシュと
「これは俺の力だぁぁ!」
と言ってボッシュを討ったデフ

2019-10-04_06_46_17


2 : 2019-09-27 07:05:49

0080の最新鋭のガンダムVS飛び道具も持たないただのザク(当時はただのザクとして制作された)



5 : 2019-09-27 07:14:52

何者かの悪意は確かにあったがGBN内ではその元凶を突き止められなかったブレイクデカールと、
何者の悪意も無かったがGBNの存在そのものが元凶となってしまったエルダイバー



6 : 2019-09-27 07:15:25

Zガンダムの、エマとレコア。

ティターンズのやり方を嫌ってエゥーゴに参加したエマと、アーガマの男達の余裕の無さを嫌ってシロッコに付いたレコア。

組織間の移動、移動する動機が軍略と個人の感傷、と2つの対比。



11 : 2019-09-27 07:31:01

>>6
「戦士」であろうとしたエマと
「女」であろうとしたレコア



7 : 2019-09-27 07:16:00

鉄血の終盤は一期ラストとの対比が色々あるのよね
モンタークの仮面を取ったマッキーとヴィダールのまま撃ったガエリオとか、
体ごとぶつかりに行って刺されたアインとぶつけられそうになって抱き止める形になったジュリエッタとか



21 : 2019-09-27 07:52:41

>>7
あー、マッキーとガリガリに目がいってたが、アインとジュリエッタのほうも対比になってたのか。



8 : 2019-09-27 07:20:43

前回の戦いで死にかけ半ばサイボーグ化したキンケドゥのX1と、精神がやられたザビーネの半ばキメラ化したX2

元は同じ所にいたというのも、感慨深い



9 : 2019-09-27 07:23:30

「ファーデーン」の争いを止めようとするフリットと「地球と火星」の争いを止めようとするキオ



12 : 2019-09-27 07:35:20

男だらけの鉄華団
女だらけのタービンズ

6147572d


46 : 2019-09-27 09:09:38

>>12
認識としてはクーデリアも鉄華団の一員だろうけどやっぱり彼女には他にやるべきことや立場があるし、そうなると鉄華団ってアトラ以外に女性いないよね



73 : 2019-09-27 09:49:32

>>46
メリビット…は途中参加か
おやっさんとは良い仲になったけど、鉄華団としての
仲間とか家族という関係性にはなれなかったな



113 : 2019-09-27 12:06:00

>>73
テイワズ辞めてまで付いて来てるし流石に家族扱いでいいんでない?
ちょっと引いた目線だったのは確かだけど、それはザックとかもそうだったし



15 : 2019-09-27 07:43:12

ダイナーの老主人とオードリーかな。

アースノイドとスペースノイド。
老人と若者。
オールドタイプとニュータイプ。
あのシーンだけで色々な対比があるよね。



19 : 2019-09-27 07:51:14

「純粋に戦いを楽しむ者こそ!」と「自分を捨てて戦える者には!」



20 : 2019-09-27 07:51:36

ガンダムF91のエンドロール
人でありながら機械に近づいていくカロッゾと、MS(機械)でありながら人の意思に寄り添うことができるF91
素顔を隠す鉄仮面と素顔をさらけ出すF91という説もあるとか



24 : 2019-09-27 07:56:19

キラとシンの捕虜変換に対する結末の違い
かたや銃殺刑、かたやお褒めの言葉



26 : 2019-09-27 08:03:57

アイナのために死を覚悟したノリスと
アイナと生きるために戦うシロー



28 : 2019-09-27 08:12:37

00は狙ってこれ作ってたからかなり多いね
刹那に限定すればリボンズやデカルトとの対比かな



32 : 2019-09-27 08:25:05

義父の仇撃とうとしたが辞めたリリーナ&母国の為に復讐を誓ったミリアルド


35 : 2019-09-27 08:32:35

ゼロ(原点)とエピオン(次世代)かね
射撃メインのプロトタイプガンダムと近接のみの最新型ガンダムという対比でもある



36 : 2019-09-27 08:33:06

キリマンジャロでZの両脇を固める
シャアが乗るガンダムタイプとアムロが乗るジオンタイプの対比は印象的



39 : 2019-09-27 08:44:59

一年戦争で、手当たり次第高性能機を開発したジオンと、そこそこの性能の機体を大量に揃えた連邦
まあ連邦のMS開発も後付けが多くてリソースを集中したってのもあやしくなってるけど



76 : 2019-09-27 09:54:27

>>39
量産機に関しては、色んな機種を増やし過ぎたジオンと、そこまで機種を増やさなかった連邦って見方も出来そう。



40 : 2019-09-27 08:47:03

アセムとxラウンダーの対比

印象に残ってるのは
xラウンダーに劣等感を覚えるアセムと
xラウンダーがなんだ?スーパーパイロット目指せばいい的なウルフ隊長との対比



44 : 2019-09-27 09:05:39

外見は変わったのに変わらないアセムと
外見は変わらないのに変わってしまったゼハート



51 : 2019-09-27 09:26:45

レギルスとダークハウンド
最初に戦ったときと機体の色が正反対で、技量も精神状態も完全に逆転してしまった



52 : 2019-09-27 09:29:40

そりゃ赤い彗星と白い悪魔よ



55 : 2019-09-27 09:31:22

妹すら断ち切って1人で炎に消えてゆくシャアと
仲間に呼ばれて炎の中から生還するアムロ



57 : 2019-09-27 09:33:12

タイガーバウムでジャンプを繰り返すスタンパのズゴックをひとっとびで追うモンドのマーク2
7年でMSの性能はここまで差がついた



63 : 2019-09-27 09:38:10

鉄血一期と二期の1話、地面と空から登場するバルバトス



65 : 2019-09-27 09:40:32

第1話『月は出ているか?』
最終話『月はいつもそこにある』

Dg2hIdNU8AA7N0a.jpg small


74 : 2019-09-27 09:50:53

進化で獲得した新能力であるニュータイプに対して
Xラウンダーが退化だというイゼルカント様説は面白かった



78 : 2019-09-27 09:59:09

初代vsシャアザクの白赤対決はニューvsサザビーや
ユニコvsシナンジュ(ネオング)でも見られる対比



81 : 2019-09-27 10:03:56

旧型ばかりの連邦軍と、新型を積極的に開発して色んな機体を造ったザンスカール、そしてザンスカールに対抗する形でVやガンイージなど作るけどザンスカールほど機種自体が多くないリガ・ミリティア



82 : 2019-09-27 10:04:04

戦闘力を突き詰め複雑化したサザビーとシンプルな構造に回帰したνガンダム
結果マシントラブルがきっかけでサザビー敗北・・・



98 : 2019-09-27 10:48:30

刀を離したロラン
刀を離さなかったギム

Craw89LUsAAqrqz


100 : 2019-09-27 10:53:14

>>98
その前にギンガナムの刀が折れたのは象徴的だったな
あれは演出的にどういう意図があったんだろう



103 : 2019-09-27 11:10:46

>>100
生命を大事にしない人とは誰とでも戦うロランだけど、争いの道具である武器を壊せば人は戦うのはやめられると気づいた、だから刀を狙って叩き折った
けど御大将はそれでもやめられなかった
ってことじゃないかな?



111 : 2019-09-27 11:55:32

>>103
なるほど
だから繭に取り込まれちゃったのか
ありがとう 腑に落ちた



104 : 2019-09-27 11:10:47

「ガンダムMk-IIの量産機」で、GMの性能を上げてMk-IIに近付けるヌーベルGMIIIと、Mk-IIから余計なものを削っていくバーザム(改)という対比が面白い



110 : 2019-09-27 11:50:21

死んだ二人の女の魂を引き受けて地球圏を去るフェネクスと
生きてる二人の青年を引き受けて地球圏に残るユニコーン



117 : 2019-09-27 12:44:44

NTと可能性を信じて力を増幅したバナージとユニコーン
NTと可能性を否定して力を増幅したリディとバンシィ



125 : 2019-09-27 14:04:06

キラとラウの関係性とカナードとブレアの関係性



131 : 2019-09-27 15:17:20

足し算のデザインである00ライザーからのシンプルなクアンタ
ガンプラを並べたときすごく対象的に感じた