0:2019年10月13日 17:29

最近は息子のモナハンに注目が集まってるし、ここらで親父であるダルシアについても語ろうか。

131044



1 : 2019-10-28 16:02:53

誰だっけ?



3 : 2019-10-28 16:04:10

>>1
一年戦争時のジオン公国首相



5 : 2019-10-28 16:09:10

シンマツナガ漫画や、宇宙閃光の果てに、ギレン暗殺計画での描写や人づての評価を見る限り、現実が見えててなおかつ愛国的な理想的な政治家。

その分ジオン残党からは蛇蝎のごとく嫌われてそうではあるが、それも本国で盤石の体制を維持できている有能さの裏返し。

この人の最大の欠点は後継者である息子の教育に失敗したところ。
現実でも得てして有能な公人はこういうパターン多いのは滅私奉公しすぎて私人の時間が取れないからかね?



15 : 2019-10-28 16:27:25

>>5
息子も有能なのは間違いない
思想は父親と随分かけ離れてるけど



27 : 2019-10-28 17:15:58

>>15
有能だけど、陰謀に力入れ過ぎたせいで現実見れててないよね。



37 : 2019-10-28 17:50:31

>>27
表舞台での仕事をしっかりしながら陰謀を回してるけど?



6 : 2019-10-28 16:10:03

モナハンの父が出てるの初めて知ったわ



7 : 2019-10-28 16:13:37

ザビ家が上にいる以上お飾りの存在であった中、まさかのザビ家全滅で全権が回ってきた人
それは、彼にとって幸運だったのか不幸だったのか・・・

Wikiだと長期政権だったらしいが実際にはどれくらい首相でいたんだろう?



9 : 2019-10-28 16:14:30

アバオアクー決戦時に、キシリア不在のグラナダへ秘密裏に渡って
要塞陥落した途端に連邦との休戦協定結んじゃったんだっけ
ついでに国号をジオン共和国として連邦との協定に成功しちゃったりと
実質独立まで勝ち取りやがった有能



14 : 2019-10-28 16:25:13

>>9
グラナダというと閃光の果てのチベの事か
あの場面は初見だとジオンの戦艦を護衛するとはなぁと思ったし
Gジェネだとゲルググのパイロットの台詞が印象的だったな



22 : 2019-10-28 17:11:15

>>9
自治権放棄前提の休戦協定だしグリプス戦役ではティターンズに与していたし、ジオン共和国の独立は国民感情を落ち着かせるための建前で、連邦の属国化を主導した事には変わりないけどな。
とはいえ敗戦を見越して復讐による被害をグローブの住民にとどめたのは、多くの民にとっては幸いか。



10 : 2019-10-28 16:14:52

首相になるあたりザビ家からも使い易い手駒と見られたてんだろうが、その陰で連邦への降伏できる様にまとめあげていたのだから中々のやり手
その後も共和国として自治権獲得しつつ、残党が大暴れしてても本国は暴発させずに抑えてるんだから政治家としても優秀なんだろう
息子は陰謀家の面しか見ていなかったのかな



16 : 2019-10-28 16:35:35

宇宙、閃光の果てに…でフォルド達によって護衛されてた印象が強いなあ



17 : 2019-10-28 16:37:30

ジオン残党からの怨みが凄そうな・・・
ガトーやガブリエル・ゾラとバッタリ会ったら歴史動く



19 : 2019-10-28 16:43:42

ギレン暗殺計画では
当てにされていないと知りながら、連邦との和平会談を準備したり、
ガルマが死んで次世代を継ぐ者がいなくなってしまった事、キシリアとギレン争う二人だけが残ってしまった事を憂いていたな、

有能かどうかは置いといて、ジオンの行く先を考えていた人ではあったんだろうな。
正直、ザビ家やシャアよりも現実的に国や国民と向き合っていたのではなかろうか



21 : 2019-10-28 17:04:34

ダルシアとモナハン親子の間柄はちょっぴりデギンとギレンの関係性に似てる気がする。
親父は穏健派、息子は革新派、みたいな。



23 : 2019-10-28 17:13:02

そういえばサラブレッド隊に護衛された人だったな



25 : 2019-10-28 17:14:20

えジオンて戦時中に首相いたの!?



54 : 2019-10-28 19:15:49

>>25
議会に野党も居たぞ

(国民のガス抜きの為の傀儡野党だけどね…)



26 : 2019-10-28 17:15:17

穏健派からは人望のあるリアリスト



28 : 2019-10-28 17:21:16

ZZでサイド3が連邦の権限でアクシズに譲渡されてるし、バハロ政権は連邦の傀儡で、独立もガス抜きのための建て前ってのが透けて見えるからね
メタ的な事情を除けば、コイツが安易に降伏に走ったことで戦後にジオン残党という大きな火種が残ることになった



29 : 2019-10-28 17:23:05

デギン公王の信任が厚い人だ。子どもたちが好き勝手やってるから当たり前か



30 : 2019-10-28 17:27:07

たしかZガンダム40話グリプス始動の回で
ティターンズがコロニーレーザーでサイド2
18番コロニーを破壊する回でコロニーレーザーの
すぐ脇にティターンズに協力する共和国の
ムサイがいた。

もしかしたら例の30バンチ事件の際コロニーに
毒ガスを直接注入した部隊てジオン共和国出身の
人間で構成されてた可能性もあるのかもな。



31 : 2019-10-28 17:29:49

ザビ家が好き勝手やって滅びた後尻拭いさせられた人ってイメージ



32 : 2019-10-28 17:39:03

元は小説版のキャラクターで劇場版からの新規キャラクターとして登場したけれども、特に設定も登場シーンも語れるほど無いが、ジオン公国首相で戦後はジオン共和国首相というキャラなので意外と色んな作品とかで出て来る人



36 : 2019-10-28 17:49:07

ギレン暗殺計画を読むたびにルビコン川を渡ってる人(読み返すから当たり前なんだが)
自分が初めてこの人の存在に気付いたのはかなり遅くてPS2のめぐりあい宇宙の外伝 宇宙、閃光の果てに・・・だった



39 : 2019-10-28 17:55:12

08小隊のビデオに入ってる「宇宙世紀余話」で存在を知ったなぁ
停戦協定を結んだ後に清々しい達成感とともに暗殺等のリスクを気にせずに1人でのびのびと散歩をした、みたいなナレーションで締めくくられたのを何となく覚えてる



41 : 2019-10-28 18:11:14

ダルシアについてはファースト劇場版とギレン暗殺計画の描写でしか知らんけど
無条件降伏、全面降伏でもおかしくない状況で講和条約結んで自治権認めさせてるんだから
宇宙世紀の教科書に載ってておかしくないレベルの人だと思う



46 : 2019-10-28 18:23:08

>>41
一年戦争終結させた当事者でその後のジオン共和国の舵取りしてるし当然載ってるだろうな
1stの登場人物の中ではギレン、デギンに次ぐ知名度だろ



51 : 2019-10-28 19:09:09

一年戦争後のジオン共和国の内情は
漫画「カイ・シデンのレポート」で触れられたのが印象的
良くも悪くも日本みたいなというか何というか



52 : 2019-10-28 19:13:01

ナレーションでの
「地球から最も離れた宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り独立戦争を仕掛けてきた」の
連邦目線からすると、国を名乗る地方都市による武力闘争が
「地球連邦政府とジオン共和国との間に休戦協定が結ばれた」と
曲がりなりにも国として認める雰囲気になっちゃってる辺り
ダルシア首相は協定の交渉を頑張ったんだろうなとは思う



62 : 2019-10-28 20:07:25

>>52
国として認めないと、併合した際に一緒に付いてくる負.債で連邦が財政破綻して終わるからね…



56 : 2019-10-28 19:32:13

デギンに連邦との和平工作するように言われてから具体的にどんな事してたんだろうね
連邦と直接やり取りするどころか、サイド6とか月に使者を送るだけでもかなり目立ってギレンにバレそうな感じする



63 : 2019-10-28 20:19:31

ジョニーライデンの帰還の設定だと、ジオニック社の株を連邦とAEにせり合わせら挙句に分割して売却することで一気に経済立て直す原資を稼ぎ出すというウルトラCを行ったんだよな。
案が本人のものかどうかは分からないけど、実行できること自体がすげえ。



65 : 2019-10-28 20:54:06

ザビ家専制体制の中で、よう共和国を国体として連邦と休戦協定を取りまとめたわ
間違いなく有能



87 : 2019-10-29 10:27:50

親ザビだらけのなかサイド3を優先してる辺り偉いわ
下手したらデギンコースだけどギレンはデギンとレビルの講和潰しの方優先したし