934 : 2020/05/28(木) 01:42:19.98

凄い貴重な動画見つけたわ
初めて見た
アップ主ありがとう
ファースト好きは必見

https://youtu.be/aAX6pgePu6I




935 : 2020/05/28(木) 05:39:36.05

>>934
画質の良いノーカット版が、ニコニコにあった。

機動戦士ガンダムⅡスペシャル
https://nico.ms/sm14470077
https://nico.ms/sm14470224
https://nico.ms/sm14470290



r1280x720l

936 : 2020/05/28(木) 12:59:09.56

>>934
ラル隊がHBに乗り込んで来た時の
ブライトが射△するシーンって
改変前のはえぐいな



938 : 2020/05/28(木) 14:51:54.79

>>936
安彦さんがガッツリとコンテ改変してるなw
人間関係上手くいってる時ってこれで上手く行くんだな

そしてコアブースターの打ち合わせ
ボンヤリと富野ラフが入ってると言う…



939 : 2020/05/28(木) 18:35:32.20

>>936
放送時観ていて、一番印象に残ったシーン。
安彦さんの残酷描写回避のコンテ改変。

関心したのにクラッシャージョーではw



943 : 2020/05/28(木) 21:56:04.29

>>939
特にアニメックのライター座談会ではフルボッコだったからなぁ。クラッシャージョウ



937 : 2020/05/28(木) 13:15:34.95

たまに居るが White Base であって鉛筆の硬度じゃねーからな



941 : 2020/05/28(木) 19:21:22.43

上の動画の中で井上大輔のスタジオシーンがあるんだけど
ちらっと富野直筆歌詞の原稿用紙が映って
それを何十年後かの富野展の展示で見とこと思い出してなんかゾクッと来た



904 : 2020/05/25(月) 20:50:53.03

ホント、ヤマトの下地があったとは言え突然変異、革新的な作品だよなあ。
そりゃ当時のお子さまはついていけんわ。
学習誌での紹介がダルタニアスが半ページに対してガンダム1/6だったんだぜ。



903 : 2020/05/25(月) 20:38:37.32

話が戻ってすまんが、自分もラストのチャンバラはどうかと思った。
調度品の陰から互いに自己主張してるだけでも良かったかもと思う。

まぁでもZとかのコクピット越しでの自己主張の繰り返しでMSが全然動いていない省エネアニメもゴメンだから、チャンバラもアリ・・・か。



905 : 2020/05/25(月) 20:51:21.63

最終話の裏テーマがMS否定という説が本当なら肉弾戦が行われたのは必須だったのかもしれない



906 : 2020/05/25(月) 22:10:06.26

富野はイデオン以後の作風みると情念ぶちまけが好きだし安彦もそうだろう。
おそらく富野も安彦も1stは製作状況や打ち切りになったってのもあるしドライな作風も不本意だったんではないかな? 
2人とも失敗作とまではいかないものの、もっと良いものができたはずという想いにとらわれてたのでは。
富野はZ、安彦はオリジンがああなったのはもともとの嗜好がそうだったはず。
それどころか短縮して取捨選択した1stの映画三部作も、心情描写のドライさからくる戦争の
非情さがなくなってたとおもう。



908 : 2020/05/25(月) 23:51:46.42

>>906
富野も安彦も「ファースト」は偶然の産物でアレを超えるのは難しい語っている



917 : 2020/05/26(火) 08:25:13.47

>>908
やっぱ製作は合議制だったんだろうね。



925 : 2020/05/26(火) 12:06:29.53

>>917
富野が富野メモとして原作を提出して流れを企画会議で相談して各脚本家と星山氏がまともな一本分まで肉付けしてそれを富野がコンテ切るかチェックするかして最終的に安彦が作画の面倒見る

原作とコンテで2回富野が内容確認してるから監督作としては富野名義
でも色んな人の意思も入ってる
1stはコラボレーションの神が微笑んで生まれた奇跡

でもその成功のせいでサンライズはガンダムのメインスタッフをバラして各作品の底上げに使う
富野と安彦は喧嘩した事もあってバラバラに
星山氏もバイファムなんかに回り
以後∀まで富野の周りに帰ってこない



907 : 2020/05/25(月) 23:19:32.97

富野はイデオンで行くところまで行ったからそこで作風が変わったのでは?
あと以降の作品ではガンダムの時ほど脚本のスタッフにベテランが居なくなったとか



919 : 2020/05/26(火) 10:36:24.92

>>907
イデオン、ザブングルでキャラデザやった湖川氏も、この間で富野監督が様変わりしたみたいなことをエッセイ漫画で描いてたな。
それまではジロンみたいな丸いキャラは却下だったみたいな。



909 : 2020/05/26(火) 00:05:07.75

逆シャアで一度完結したガンダムを今なお続くシリーズへと復帰させたポケ戦の功績はデカいな
あれが無ければいくら初代が名作と言えど懐かしアニメの一つに埋もれてただろう



915 : 2020/05/26(火) 05:40:54.93

>>909
>今なお続くシリーズへと復帰させたポケ戦
それ言ったらSDガンダムの功績もデカいと思う



920 : 2020/05/26(火) 11:30:50.06

ザブングルを見直したが、前半はターンエーで時折みられるようなキャラの不思議な行動を
感覚に描いてるとこが結構みられたわ。カラスの嫁さんとか。
決して∀は富野の新機軸ってことはなかったんだなぁと。

やっぱダンバインの酷評からずるずるとVまでスランプになった感あるね。



923 : 2020/05/26(火) 11:44:44.36

>>920
ダンバインって酷評されてた? 終盤とかだけでなく?

富野自身は最初の数話が放映された時点でこれはイカンと方向転換かけたみたいなコメントしてたが。
むしろ、そこでの方向転換がイカンかったのではなかろうか?



924 : 2020/05/26(火) 11:57:16.67

>>923
批判というのは当時のアニメ誌の読者投稿とライターの論調ね。
ネットが無い時代だからそれしか世の声はわからなかったが。
それは終盤でなく「浮上」からの展開でいろんな面で批判くってた記憶あるが、その後の
Zのフルボッコさで印象が薄くなった人が多いかもしれんね。

スレチになるが「浮上」以後の展開がマクロスを意識した方向転換だと思ってたが、
小説のリーンと今世紀のリーンを観ると日本字の太平洋戦争観とその後に価値観についての
提言だったから必ずしもそうではなかった、最初から現実の冷戦を描きたかったのかと思ったりもする



926 : 2020/05/26(火) 16:15:19.43

>>924
うん。認識あってるわ。
最初の地上編、東京上空3部とかは評価も高かったかと記憶してる。
画としても鼻の下の黒塗り影が無かったり、爆発が高威力になったり、バイストンウェルが異世界だったのだと再認識。

評価が落ち始めたのは、ビルバインやらオーラバトルシップが出た辺りからかね?
それでもグランガラン、ゲアガリングのデザインとかは良かったが、ゴラオンがねぇ。



921 : 2020/05/26(火) 11:40:18.00

1981~1982年にいろいろあったのは確かで
この時期に実は映画「幻魔大戦」の監督のオファーがあったけど
いろいろあったらしく最終的に断ってる。

そして映画「イデオン接触編&発動編」の制作に入る。

発動編は当時の富野さんとしては自信作で
実写映画のオファーもあるんじゃないかと期待してたそうな