名無しさん : 21/12/01(水)

試しに1巻読んでみたら
親父さんが死んでカミーユがコーヒー噴いたところで終わってて
あまり進んでないな!ってなった




名無しさん : 21/12/01(水)

>親父さんが死んでカミーユがコーヒー噴いたところで終わってて

e7174ff0.jpg



名無しさん : 21/12/01(水)

このゼータ顔細長いな…


名無しさん : 21/12/01(水)

>このゼータ顔細長いな…
ちなみに一巻では出てこない謎のMSとなっている


名無しさん : 21/12/01(水)

そういえばでてこないな…


名無しさん : 21/12/01(水)

2巻から怒涛の展開よ


名無しさん : 21/12/01(水)

そういや文庫版あったなぁ


名無しさん : 21/12/01(水)

ソノラマから出てたほうは表紙が個性的だったよね
永野だから


名無しさん : 21/12/01(水)

色々と心情うかがえて面白いけど長い
あとカミーユが思ったより脊髄反射で行動しててダメだった


名無しさん : 21/12/01(水)

>あとカミーユが思ったより脊髄反射で行動しててダメだった
それはアニメ見たままじゃないかな…


名無しさん : 21/12/01(水)

精神崩壊の流れがアニメより遥かにエグい…


名無しさん : 21/12/01(水)

>精神崩壊の流れがアニメより遥かにエグい…
その後の末路も酷い…ファのメンタルも壊れるんじゃねあれ…


名無しさん : 21/12/01(水)

カミーユはコックピット開けちゃうんだっけ最後


名無しさん : 21/12/01(水)

>カミーユはコックピット開けちゃうんだっけ最後
ヘルメットが割れたままコックピットオープン


名無しさん : 21/12/01(水)

>カミーユはコックピット開けちゃうんだっけ最後
小説版ZZだと酸素欠乏症という設定になってるから
そこにつながるんだろうな


名無しさん : 21/12/01(水)

ファーストは読みにくかった記憶あるけどZはどう…?


名無しさん : 21/12/01(水)

>ファーストは読みにくかった記憶あるけどZはどう…?
ハマーン様がお茶をズズッてすするシーンのために読むといいよ


名無しさん : 21/12/01(水)

富野の文章ってやはり癖がすごいな
って閃光のハサウェイ読んでて思った


名無しさん : 21/12/01(水)

>富野の文章ってやはり癖がすごいな
>って閃光のハサウェイ読んでて思った
正直お禿の小説は…
アベニールとか凄いよ


名無しさん : 21/12/01(水)

ベルチルは比較的に読みやすいから…


名無しさん : 21/12/01(水)

>ZZは比較的に読みやすいから…


名無しさん : 21/12/01(水)

>>ZZは比較的に読みやすいから…
というか滅茶苦茶面白かった記憶
と思ったら富野じゃねぇ!


名無しさん : 21/12/01(水)

>>ZZは比較的に読みやすいから…
遠藤じゃねぇか!


名無しさん : 21/12/01(水)

滅茶苦茶ポテトが食いたくなるZZ


名無しさん : 21/12/01(水)

>滅茶苦茶ポテトが食いたくなるZZ
ヤザンいいよね


名無しさん : 21/12/01(水)

小説ZZは普通にアムロが出てくるのが顧客の求めてたZZって感じがする


名無しさん : 21/12/01(水)

ZZはプルツーが死んでも無反応なのが恐い


名無しさん : 21/12/01(水)

もう手元に無いけどこれの口絵のネモの解説が気になって仕方ない


名無しさん : 21/12/01(水)

ロザミィの話は小説版のが良い
そしてカミーユの精神が壊れる流れも丁寧に描かれてる


名無しさん : 21/12/01(水)

小説版はリックディアスに乗ったアムロの強さ描写がえげつない


名無しさん : 21/12/01(水)

正直内容胡乱で良く覚えているのは独特だったりスケベだったりする表現が主だ


名無しさん : 21/12/01(水)

>正直内容胡乱で良く覚えているのは独特だったりスケベだったりする表現が主だ
割とくすっとくるシーンも最初はあったんだけどね
俺はノーマルスーツを着てない!とか


名無しさん : 21/12/01(水)

だいぶ前に読んだからうろ覚えだけどティターンの高官の世話役の女性兵士がバニーガールの格好してたりシロッコがティターンズに合流した時にジャミトフの前でわざわざ指を切って血判状書いたりしてたような記憶がある


名無しさん : 21/12/01(水)

カミーユが作戦中に眠くならないようにハサン先生に覚醒作用のある薬をねだってた描写なかったっけ
この頃から危ねぇな…ってなった



名無しさん : 21/12/01(水)

お禿げの描く軍ってなんかヤクザっぽいんだよね


名無しさん : 21/12/01(水)

>お禿げの描く軍ってなんかヤクザっぽいんだよね
親父さんの仕事的にも旧日本軍間近で見てきてるだろうからなぁ…


名無しさん : 21/12/01(水)

カツの死んだ時の描写が妙にグロいやつだっけこれ


名無しさん : 21/12/01(水)

逆シャアの握りつぶされたケーラの遺体がノーマルスーツ越しにも形がおかしいのにアストナージが気付いたりF91でシーブックの父さんがコクピットに飛び込んできたメガ粒子で体のあちこちを貫通されて死んだり禿の小説は死の描写がマジでえぐい


名無しさん : 21/12/01(水)

初代の小説でもサイド7襲撃のシーンがやたらエグかった気がする


名無しさん : 21/12/01(水)

アニメと微妙にパラレルなんだけど明らかにアニメ中でも適用できる裏設定や心情描写がよく出てくるので
副読本としては意味が大きい小説だ